ドイツのビジネスシーンで多用される「USP(自社製品やサービスの強み)」の正しい使い方について解説をおこないます。

英語      USP (Unique Selling Proposition / Unique Selling Point)

日本語    自社製品(サービス)の強み

ドイツ語   Alleinstellungsmerkmal

解説

一般的には、ドイツ語のAlleinstellungsmerkmalよりも英語のUSPが用いられる傾向にあります。経営学上の用語としても使用されることがありますが、広義には、他社や従来の製品と比較した時の自社製品(サービス)の特筆すべき強み、として知られています。

こと顧客との関係においては、いかに自社USPを表現し、顧客の認知度を高めるかがカギとなることが多いと言えるでしょう。その意味で、USPは自社の強みやリソースに密接に関わったものである一方、表現としては市場や顧客にとっての分かりやすさが求められます。

具体的には、以下のようなものがドイツにおけるUSPの例として挙げられます:

  • 価格の安さ
  • ユニーク性
  • 仕様の特殊性
  • 品質や耐久性
  • 生産・納品速度
  • 特殊な素材やテクノロジー
  • 利便性や汎用性

もっとも、具体的に何がUSPと見なされるかは市場ごと、ターゲットごとによって異なります。特に、BtoBの業界ではことさら、他社にはないユニークな技術やサービスが強い印象を与えられることが多く、ドイツのモノづくり産業が得意とする「Hidden Champion(ニッチ世界の王者)」を量産することに結び付いています。